ブラックリスト完全ガイド

社内ブラックが原因で審査に落ちる!?

社内ブラック・・・!? なんだそれ??

信用情報機関に事故情報が登録されるのをブラックリストと呼ぶのなら
社内ブラックとは?

読んで字のごとく、その会社内だけで保有しているデータにブラック情報が記録されている状態を言います。一度、社内ブラックになると、その会社では何年経っても審査に通ることはないですが、通常のブラックと違うところは、基本的に他の会社の審査に影響することはないということ。

信用情報機関にブラック情報が登録されているのであれば、5~7年間は、ほとんど全ての会社で審査に落ちることになります。しかし時が経てば、事故情報は抹消されるので、再び、カードを持つなり、キャッシングを利用したり・・・ということもできるでしょう。

しかし社内ブラックは違います。
あくまでも、その会社内部で保有しているデータ過ぎませんが、そのブラック情報については、信用情報機関のように保有期間が決まっている訳ではありません。

つまり、いつまでも記録が残り続けるブラック情報なのです。

残り続けると言うことは、その会社が発行しているカードを持つことはできなくなるでしょうし、キャッシングやローンも利用できなくなります。

悪い言い方をすれば社内ブラックは、永久ブラックともいえます。

一番問題なのは、その会社が他の会社の保証会社になっている場合です。

最初に「社内ブラックは、他社の審査に影響することはない」と説明しましたが、社内ブラックの情報を持っている会社が保証会社の場合は別です。

申し込みをした会社は別の会社だから大丈夫と思っていても、実質、審査を行うのは保証会社といえるので、保証会社の保証が受けられなければ審査にとおることはありません。

例をあげれば、

残念ながら諦めて別系列のキャッシングを申し込みましょう。

社内ブラックになる条件とは?

その会社によって社内ブラックとしての登録基準が異なるので、
ここでは一般的な話をします。

要はクレジットカード会社やキャッシング会社が関わりたくない、関わるべきではないと判断するような悪質なことをしたことがある人が社内ブラックと考えても良いでしょう。

社内ブラックにならないこともある!?

社内ブラックになる条件のところで、

と説明しましたが、必ずしもそうした扱いになるとは限りません

過払い請求の場合に多いのですが、信販系・流通系クレジットカードなどのキャッシングを利用していた場合、仮に過払い金を取り戻したとしても、何のおとがめもなく(カードが使えなくなるということなく)継続してカードを使える人が多いようです。

管理人の知り合いでも過払い請求をしたけど、継続してクレジットカードが使えている人もいますし、過払い請求の前にカードを解約した人でも過払い金を取り戻した後、しれっとカードの申込みをして審査に通っている人もいます。

そう考えると社内ブラックというのは、それぞれの会社で扱いが違うんですね。銀行系や専業貸金業者は厳しいと聞きます。逆に普段の生活に密着している信販系・流通系など会社が発行するカードは、それほど厳しくないのかもしれません。

もちろん、審査されるあなたの経済状況がどうなっているかが一番の問題なのですが・・・。