ブラックリスト完全ガイド

婚約者にバレるから結婚できない!?

そんな噂話もありますが、そんなことはありません。

信用情報機関に登録されている個人信用情報は事故情報も含めて一般の人に開示されているわけではありません。

一般の人が、「○○さんのことを知りたい」と思っても信用情報機関は受け付けてくれません。あくまでも加盟会員であるクレジットカード会社や信販会社、貸金業者が審査を行うために使う情報として管理しているからです。

よく結婚前に探偵事務所や興信所による結婚調査なんてありますが、探偵を使ったとしても信用情報機関の情報を調べられるわけではないのです。

あなたの情報を確認しようと思ったらあなた自身で調べるか、あなたから委任状をもらった人でないとダメなのです。だからブラックリストに載ったから結婚できなくなるなんて思わなくても良いです。

でも、ここで言いたいのはブラックリスト載っても大丈夫ということではなくて、ブラックリストに載ったことは他の人には分からないから気にするな・・・程度のものです。(参考:ブラックリストは家族にも悪影響がある?)

あなたの婚約者はあなたがブラックなことを知ってしまう機会はあるでしょうし、それが原因で親御さんに結婚を認めてもらえないかもしれません。

多額の借金があったり、ブラックリストに載ってたとしても壊れない愛もある・・・かもしれない。

ブラックリストに載った = ダメ人間 ではありませんが、お金にだらしない人間という評価をされることはあるかもしれませんし、それが原因で結婚ができないかもしれません。

どんなことになるか分かりませんから、自分の信用情報は大事にしたいですね。 

結婚を機にお金の使い方を見直そう!

ブラックリストに載ってしまうと言うことはあなたのお金を貸したり返したりという経済的な活動の中での信用に問題があるという話であって、あなた自身に社会的、人間的な魅力がないという訳ではないので一概には結婚できないとは言えません

でも考えてみてください。

ブラックリストに載っているってことは、過去5年以内に3ヶ月以上の延滞もしくは任意整理や自己破産などの債務整理の経験者だということ。
自分の一生のパートナーとなる人がお金にだらしない人でも良いって思えますか?って話です。
自己破産が原因でブラックリストに登録される

ブラックリストに登録されていると結婚できなくなるって本当ですか?

もちろん結婚を機に心を入れ替えてまじめになる人も多いでしょうが、そうでなかった場合は悲惨です。

好きじゃないとできないのが結婚ですが、好きだけじゃできないのも結婚です。

本当に大切にしたい人であれば、ちゃんとお金の話をしておいた方が良いと思います。
そしてちゃんと二人で生活して行けたら良いですね。