ブラックリスト完全ガイド

JICCにスマホで信用情報の開示請求してみた

平成25年11月5日からJICC(日本信用情報機構)は、スマートフォンを使った信用情報の開示申込の受付を開始しました。パソコンからの受付もしてもらいたいですね。

窓口へ行って開示申込みをしたい人や郵送での手続きをしたい人は、下記ページを参考にしてください。(管理人の体験談をまとめています。)

JICCのスマホを使った手続きでできることは、開示申請のみです。
CICと違い、信用情報をスマホにダウンロードして閲覧することはできません。手続きをして数日後に郵送で送られてきます。この点だけ誤解のないように。

対応するスマホ機種(確認:2017年10月)
Android Android2.3以降
※Android3.xxは除く
※標準ブラウザとGoogleChromeのみ
iOS iPhone8~10
※iPad、iPodは非対応
※iPhone4sもiOS8にアップデートできるけど、JICCの推奨端末ではありません。
必要書類(いずれか一点)
免許証または運転経歴証明書
保険証
マイナンバーカード
パスポート
住民基本台帳カード(写真付)
在留カードまたは特別永住者証明書
身体障害者手帳

Android端末での開示請求の手続きについて

まず開示申請のためにスマホでJICC公式サイトへアクセスします。そして下のボタンをクリックします。

そして、下のボタンをクリックします。

まず、JICC書類送付アプリを下記ボタンをクリックしてダウンロードしてください。
※GooglePlay Storeのページが開きます。

スマホにアプリが追加されているので起動します。

最初に行うのは開示申込です。

利用規約への同意が求められます。同意しない場合は利用できないので、個々は必ず同意するを選択

空メールを送れということなので、リンクをクリックして空メールを送付

JICCから開示申込URLが記載されたメールが届きます。
※手続き完了までの期間があります。 ※このメールを含め手続き終了までに5通のメールが届きます。

URLにアクセスすると、まずは注意事項から。

必要事項の入力フォームはこんな感じ。

ポイントは、過去の住所・電話番号の入力です。 面倒でも過去、クレジットカードの申込やキャッシング、カードローンの契約書に書いたことのある住所や電話番号を入力しないと、該当する信用情報が開示されない場合があります。正確な信用情報を取るためにも思い出して入力するようにしましょう。

入力が終われば、支払方法を決めるページへ移動します。支払方法はクレジットカード決済とコンビニ払いがあります。ただコンビニ払いの場合、利用手数料161円が加算されるので、開示手数料を安く済まそうと思う人はクレジットカード決済を選択した方がお得です。

クレジットカード決済を選択した場合は、クレジットカード情報の入力に移ります。

最後に入力内容を全て確認して完了です。

開示申請に不備がなければ、数日で信用情報が簡易書留で届きます
管理人は木曜日に開示申請をして、金曜日に受付確認のメールが届き、信用情報は月曜日に届きました。
届いた報告書の見方が知りたい人は下記レポートをご覧ください。

日本信用情報機構(JICC)の信用情報 報告書の見方について