ブラックリスト完全ガイド

信用情報とは何ですか?

信用情報って何ですか?自分の知らないところで何が登録されているんですか?ブラックリストとどう関係があるんですか!?

クレジットカードを持ったり、ローンで何か購入する、または貸金業者からお金を借りるなどのことをすると、個人のキャッシングやローン、クレジットカードなどの支払い能力(返済履歴など)に関するカルテのようなものが作られます。

それが信用情報です。

そして契約会社だけがこの記録を持っているのではなく、契約会社から信用情報機関と呼ばれるデータを管理・収集・提供する機関に送られることになっています

例えば、消費者金融のアコムからお金を借りたとします。
その場合、契約書を書くと思いますが、その契約書の内容をアコムが保管するだけでなく、契約書の内容の中で信用情報に関するデータは信用情報機関にも送られ、そこでも保管されるのです。

何で知らないうちにそんなところへデータを送るんだ!やめてくれ!!と思う人もいるかもしれませんが、手元に消費者金融との契約書やローンの契約書などが残っている人は、裏面の規約を読んでみてください。

必ず「信用情報機関への情報提供や信用情報機関の加盟会員への提供に同意します」という一文が入っているはずです。

また同意しなければお金を借りるための契約自体できないので、同意せざるを得ないのですが・・・。

ホワイト情報とブラック情報

信用情報はだいたい下記項目で構成されています。

返済状況に関する情報と延滞や債務整理に関する情報にネガティブな情報が載っていなければホワイト情報として扱われ、ネガティブな情報(ブラックな情報)が記録されていれば『ブラックリストに載った』ということになります。

お金を借りた人、クレジットカードを作った人、ローンを組んで分割で購入した人は漏れなく信用情報機関に登録され返済状況を管理されることになるのです。

勘違いする方もいるようですが、一度でもお金を借りた人、クレジットカードを持った人であれば全員が登録される仕組みになっています。

信用情報=ブラックリスト みたいに考えている人もいるかもしれませんが、それは間違いであり、ブラックリストに載ったと言われる人と、そうでない人の違いは事故情報の有無といえるでしょう。

なぜ信用情報ができた?

キャッシングやカードローンを申し込んだときやクレジットカードの審査、住宅ローンの審査でも使われるのが信用情報。

この信用情報やそれを管理する信用情報機関を作ったのは貸金業者が始まりです。貸金業者が利益を上げるためには、お金を貸し、利息を付けて返してもらわなければいけませんが、同時に貸したお金を返してもらえないかもしれないという問題(貸し倒れリスク)も抱えていました。

貸金業者にとって借金を踏み倒そうとする客を以下に減らすことができるかが死活問題でもありました。

そのリスクを減らすためにはどうしたら良いのか?と考えた結果、貸金業者全体で顧客情報を管理しよう!ということになったのです。

情報を共有することで、顧客の属性情報や返済状況などを確実に把握することができるようになり、問題のある人にはお金を貸さないと判断するで、貸し倒れリスクに備えることができるようになりました。

信用情報とは、問題のあるお客のあぶり出しのために作られたものなのです。

余談ですが、貸金業者が作った信用情報機関は、現在の日本信用情報機構であり、クレジットカード・信販会社が作ったのがCIC。銀行系は全国銀行個人信用情報センターです。

昔はそれぞれの業界で運用されていましたが、現在では、信用情報機関が相互に情報共有ができるようになっており、どこで事故情報がつくと全ての信用情報機関で把握できるようになっています。

例えば、日本信用情報機構とCICが情報交流を行っているのがFINEと呼ばれるネットワークです。

3つの信用情報機関が情報の共有をするために使っているのがCRINと呼ばれる信用情報交流ネットワークです。

信用情報の登録期間について

信用情報は登録されるとずっと残り続けるものではありません。
登録された情報によってそれぞれ登録期間というものが決まっています。

登録される情報ごとに確認していきましょう。

まず基本情報(顧客情報)について。
これは顧客の氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先などの基本情報となるのですが、これは契約が継続している間は登録されることになります。例えばカードを作ると作った時から解約する時までずっと登録され続けます。途中でカードを使わなくなったとしてもカードの契約をきちんと解約しておかなければ登録情報は消えません。

次に契約に関する情報と返済状況に関する情報ですが、これは契約日や貸付日・貸付金額、返済日や返済金額などが記録されているのですが、契約が継続している間及び完済日から5年を超えない期間となっています。

自己破産や任意整理など債務整理をしたという記録に関しても同様に発生日から5年を超えない期間となっています。

全国銀行個人信用情報センターのみこれらの情報以外に官報情報を登録しているのですが登録期間は10年間となっています。

事故情報の登録期間について知りたい方は、「ブラックリストの登録期間は何年間?」のページもご覧ください。

最後に申込み情報について。
クレカやカードローンの新規申込みをした場合には、申込みをしたという事実が6ヶ月間記録されることになっています。これは多重申込みの防止のためでもあります。

以前は、金策のために1日でいろいろな貸金業者を回って工面しようとする人もいたようですが、ほとんどリアルタイムで申込み情報は登録されているので申込みブラックとして扱われることになり、審査に落とされることになるのでやめておいた方が良いでしょう。