ブラックリスト完全ガイド

ブラックリストの実態を知ろう!
信用情報と異動・事故情報の基礎知識

借金地獄に陥ってる人でなくても、自己破産や任意整理などの債務整理をしていなくても、誰もが「ブラックリスト」という言葉を知っています。

マイナスイメージの代表格ともいえるものですが、その実態を知っている人は少ないのではないでしょうか。

あなたの信用情報のことが、ちゃんと分かるようになります。

など、みんなが知りたいブラックリストや自分がどのように評価されているのか、どのような点に気をつけたら良いのか徹底的に解説しています。

正しい知識をつけて自分の信用情報を守っていきましょう!

>>> 実際に、ブラックリストに載った人の体験談を読みたい方はこちらへ

信用情報に事故情報(異動情報)が加わると・・・

でも、みんなそう言ってるよね?存在しないってどういうこと?ブラック扱いされるから登録されるからクレジットカードやカードローンの審査に落ちるんじゃないの!?

クレジットカードやカードローンの審査落ちする原因にあげられるブラックリストですが、そのような「リスト(名簿)」が実在しているわけではありません。その実態をここで説明していきたいと思います。

まず、お金を借りた人は必ず「信用情報機関」というところに、その人の信用情報(顧客の経済カルテ)が登録される仕組みになっています。
借入先が銀行のカードローンでも、アコムやプロミスといったキャッシング会社でも登録されますし、クレジットカードを持っても同じです。

そして、この記録が信用情報機関を通じて、お金を貸す側で共有されている状態になっています。

>>> 信用情報機関について詳しく知りたい方はこちらへ

実はブラックリストに載らなくてもお金の借入や返済の状況などは共有されているのです。

信用情報機関に登録される情報は

などがあげられます。
※これらの情報はブラックリストを説明する上での便宜上、当サイトでは基本情報と呼びます。

基本情報は誰もが登録される情報ですし、言い換えれば「顧客情報」です。
最初は誰もがお客さんなのです。

借りたお金やクレジットカードの利用代金の返済が期日通りに支払えているうちは問題ありませんが、

など、いろいろな理由で返済できなくなることがあります。
中には返済を諦めて、自己破産や任意整理などの債務整理することで楽になれたら・・・などと考える人もいます。

「貸した金を返すんだ!」 「無理っす!返せません」

約束通り返済が行われなくなった時に、キャッシング会社やカードローン会社、クレジットカード会社は信用情報機関に『きちんと返済されていない事実』を情報として追加登録します。
この情報を異動(事故)情報と言い信用情報機関を通して加盟員であるクレジットカードやキャッシング会社で共有できるようになっているのです。

これがブラックになったという状態です。

個人の信用情報に事故情報が加わると、大きなマイナス評価となってしまいます。

実際に名簿のようなものがある訳ではなく、自分の信用情報に異動情報が登録されている状態のことなんです。

こうなると申込みしても、ほとんどの確率で審査落ちすることになります。なぜなら、お金を貸す側としては、ちゃんと返済するかどうか分からない人にお金を貸したくもないし、クレジットカードを使えるようにしたくありません。お金を返してくれないかもしれない可能性のある不良顧客とは付き合いたくないというのが本音なんです。

だから事故情報がついた人はクレジットカードの新規申込みで拒否されたり、今まで使えていたカードが使えなくなったり、新たにお金を借りることもできずに返済しかできなくなるなど、利用制限されることが多いのです。

信用情報機関への登録を断れば?

情報が共有されないように登録を断っておけば良いじゃん!

そう考える人もいるかもしれませんが、キャッシングやクレジットカード、ローンを申込みする時の契約書の裏面を見てください。

とても小さい字でごちゃごちゃと利用規約が記載されていますが、その中のどこかに『信用情報機関への情報登録及び照会にあなたの個人情報を利用します』と言うことが書かれているはずです。で、そのことに了承する人だけが申込みができる仕組みになっています。

逆を言えば、了承する気がないなら利用できないし、利用は断ります、という話になります。

残念ながら信用情報機関に登録されない方法ありません。

信用情報がブラックリストに変わるとき

信用情報機関に登録されるのは仕方がないことだということは分かってもらえたでしょうか。ここからは、ブラックリストに登録される条件について話をしていきたいと思います。

延滞と債務整理、ブラックとして登録されるのは理由として分かりやすいです。 共通して言えることは、「借りたお金を返さないこと」です。

カード会社はあなたが購入した商品の代金を立て替えています。
貸金業者は直接、あなたにお金を貸しています。

返済日にきちんと利用代金を支払うという約束で成り立っているのですから返済ができなくなればブラックになるのも納得。少し違和感があるのが多重申込みですね。なぜ申込みを繰り返しただけでブラックに・・・と考える人もいるかと思います。ここからは登録される理由を1つずつみていきます

延滞でのブラックが一番多い

延滞でブラック?
1日でも遅れたらアウトなの?何日、延滞するとブラックになるの?遅れてはいるけど返済はしてるのに・・・と思う人もいるかもしれません。
実際、延滞にも種類があります。

軽い延滞というのは1~2日返済が遅れること。
口座にお金が入ってると思い込んでいた、うっかり忘れてた・・・などが理由で返済が遅れる人もいるでしょう。こうしたことが原因であれば、貸金業者側も「仕方ないな、次から気を付けてくださいね」というくらいで信用情報機関へ登録されることはまずありません。
あくまでもその会社内部のデータベースに登録されるだけのことです。今後の利用限度額の変更の際に参考にされるでしょう。
※あまりひどいと社内ブラックとして扱われるかもしれません。

重い延滞とは、61日以上の延滞、または3回目の支払い日を超える延滞のことをさして言います。

こうなると信用情報機関へも延滞の記録が付くようになります。

やっかいなのが一度事故情報が登録されてしまうと最低5年間は情報が登録されるというところです。延滞が解消したから情報が消えるというわけではありません。

債務整理は一発アウト

債務整理をした場合には一発アウトでブラックです。

債務整理には自己破産、任意整理、特定調停などいろいろありますが、要は借りたお金を契約通りに返済できなくなったから免除してねって手続きを取ったということです。

任意整理や特定調停の場合は、貸金業者からしてみれば元金は返ってくるのでまだマシですが自己破産をやられてしまうと何も返ってこなくなってしまいます。

なので自己破産をするのが貸金業者にとってみれば一番最悪の事態なのです。

そんな債務整理ですが、この情報は7年間登録され続けます。

貸した金を返さない奴に貸したくない。
そう思うのも当たり前なのかもしれません。

だから債務整理をすると7年ほど審査に通らなくなるといわれるのです。

多重申込みは金策のため!?

短期間の間に複数の貸金業者やクレカの申込みをすることで審査に通らなくなる状態を申込みブラックと言ったりします。

実は顧客の基本情報や事故情報だけでなく申込み情報も信用情報に記録されています。
ですので、複数の申込みをしていると貸金業者側も「なぜ複数の会社に申し込む必要があるのか?」と考えるわけです。「きっとお金に困っているに違いない。」「こういう奴にお金を貸したり、カードを発行したら延滞したり、債務整理をされる可能性が高い・・・」「今回は、審査落としておこう」となるわけです。

ただこの申込み情報は申込みをしてから6ヶ月間で消えるようになっています。

再び審査をしてもらいたい人は、6ヶ月経ってから申込みをすれば普通に審査してもらえます。その時には複数の会社に申込みを行わないように気を付けましょう。

税金や公共料金、電話料金の支払い忘れでも
ブラックリストに登録されるの?

税金や公共料金(電話代・ガス代・水道代など)や電話料金(固定電話・携帯電話)の利用料金の延滞でもブラックリストに載るのですか?という質問も寄せられますが、この場合は登録されることはありません

信用情報機関が管理しているのは、あくまでも貸金業者や信販会社、クレジットカード会社との取引に関する情報です。

携帯電話の支払い忘れだとブラックリストに登録されると聞いたことがあるという人もいるかもしれません。しかし、あれは電話の利用料の延滞ではなく、携帯電話本体のローンの延滞が問題となっているのです。
携帯電話代の延滞でもブラックリストに登録される?
携帯代をどれくらい滞納するとブラックリストに登録?

ですので、既に端末代を支払い終わっている人や、一括で購入した人など電話会社から利用料しか請求が来ない人は、たとえ延滞したとしても電話を止められるだけでブラックリストに登録されることはありません。

ブラックリストのデメリットをまとめてみる

ブラックリストに載ってしまった・・・

大変なデメリットがあるように考える人もいるので、ここからはデメリットについてまとめていきたいと思います。

アレコレと勝手に悩んでしまう人も多いのですが、例をあげた中で実際にブラックリストに載ってしまうことで起こりうるのは『新たにクレジットカードやキャッシング、ローンの申込みをしても審査に通らなくなる』という一点だけなのです。

ブラックリストに載ったとしても、

これらは全て間違った情報なのです。

『しばらくの間、新たにお金を借りることができなくなる』

ということだけです。

具体的には、

という状況になります。

しばらくの間・・・とは、ブラックリストに載ることになった原因によって、登録される期間が異なるので、一律、あなたは「いついつまで。」ということができないのです。

詳しくは、『ブラックリストに登録される期間について』のページをチェックしてください。

しかもブラックな情報が消えたとしても、『スーパーホワイト(喪明けの悩み)』によって苦しむ人もいるくらいです。

お金を借りることができなくなるというのは、ブラックリストにのることのたった一つのデメリットですけど、とても大きなデメリットでもあるということを覚悟しておいてください。

債務整理を仕事にしている弁護士や司法書士の先生方は、

みたいなことをホームページで書いてますけど、普通に生活するうえで、キャッシングはともかくクレジットカードも持てない、ローンも組めないというのは、ものすごく不便だと思うんですよね。

ギリギリのところで助かるために・・・

このサイトでは、ブラックリストの実態や、どうすれば登録されずに済むのか、消えるまでの期間や登録されたときの影響、自分がブラックなのかを確認する方法など分かりやすく解説してます。

住宅ローンを組む前の自分の信用情報の確認をしたい人から、借金返済が自転車操業状態の苦しい人まで、役立つ情報がきっとあるので隅々まで読んでみてください。