あなたの信用情報と異動の記録、そしてブラックリストのことがよく分かる!

奨学金を滞納し続けるとブラックリスト!

大学を卒業して働き始めると、うっかり忘れてしまうのが奨学金の存在。奨学金もちゃんと返済しないとCICに延滞の記録が登録されることになるのでブラックリスト入りということになってしまいますよ。

若者のブラックリスト入りの原因として、携帯代の滞納と同じくらい、うっかりしそうなのが奨学金の滞納です。

そうなんです!
奨学金の滞納もブラックリスト入りの理由の一つなんです。

というのも、奨学金を出している独立行政法人日本学生支援機構は、平成20年11月から信用情報機関の一つである全国銀行個人信用情報センターに加盟しています。

全国銀行個人信用情報センターの加盟会員を調べるページで、「に」をクリックすると・・・
下から四番目に「日本学生支援機構」がちゃんと掲載されています。

しかし、奨学金を借りている人全員が情報登録される訳ではありません。

日本学生支援機構の方針として、「3ヶ月以上、奨学金の返済を滞納している人」を登録する条件としてあげています。
※きちんと返済している人は情報登録されることはありません。

登録されると、CRINでJICCとCICも情報共有できますから、

  • クレジットカードの新規作成
  • 今持っているカードが使えなくなる(返済だけ)
  • キャッシングの利用ができなくなる
  • 住宅ローンが組めない

という状況になります。

ブラックリストになっても、ちゃんと返せば問題ないでしょ?なんて甘く考えないですくださいね。延滞中はもちろん、延滞解消から5年間は、あなたがブラックだった記録が残るのですから、これからの人生大変です。

奨学金の滞納は、ブラックリスト入りするだけではありません。
年10%の延滞金まで取られるので、ふんだりけったりです。

ちなみに2012年3月の段階で奨学金の未返還額は過去最大で約876億円。
滞納者数は約33万人。
実際に滞納により信用情報期間に登録される人の数は増えていて、既に1万人を超えているという統計データもあります。

奨学金の滞納でブラックリストに載らないために・・・

返済したくても、

  • 病気やけがで働けなくなった
  • 給料が思ったより低くて返済に回せない
  • そもそも定職に就けていない・・・

など、人それぞれ滞納に至る理由はあると思います。

一番の問題は、返済ができないからと言って日本学生支援機構からの連絡や督促を無視し続けるからいけないのです。

サラ金からお金を借りても一緒!
返済できないのであれば、連絡するor相手からの連絡には応える

これがポイントなんです。

特に奨学金の返済が困難な場合には、

  • 返還期限猶予の制度
  • 減額返還制度

があります。

こうした救済措置の手続きを取れば、奨学金の返済ができなくてもブラックリスト入りは免れることができます。面倒だからとか、こうなったのも社会が悪い!なんてグチグチ言ってないで手続きしましょう。

自分の信用情報を守るためですから多少の努力はしましょう。