あなたの信用情報と異動の記録、そしてブラックリストのことがよく分かる!

ブラックリストに登録される条件とは!?

ブラックリストに登録される条件は、3つあります。

  • 延滞
  • 債務整理
  • 多重申込み

共通して言えることは、「借りたお金を返さないこと」です。

  • クレジットカードでの買い物の利用金額の返済をしないこと
  • キャッシングやカードローンでお金を借りて返済をしないこと

カード会社はあなたが購入した商品の代金を立て替えています。
貸金業者は直接、あなたにお金を貸しています。

こうしたお金を返さないと、「あいつはお金を返さないやつだ」というレッテルが貼られます。それがブラックリストと考えてください。

では、どのくらいの期間、お金を返さないとブラックリストに登録されるのでしょうか。気になりますね。

延滞でのブラックが一番多い

延滞でブラック?
じゃ、自分はもうブラックリストに登録されてるよと思う人もいるかもしれませんが、延滞にも種類があります。

  • 軽い延滞
  • 重い延滞

軽い延滞というのは1~2日返済が遅れること。
口座にお金が入ってると思い込んでいた、うっかり忘れてた・・・などが理由で返済が遅れる人もいるでしょう。こうしたことが原因であれば、貸金業者側も「仕方ないな、次から気を付けてくださいね」というくらいで信用情報機関へ登録されることはまずありません。
あくまでもその会社内部のデータベースに登録されるだけのことです。今後の利用限度額の変更の際に参考にされるでしょう。
※あまりひどいと社内ブラックとして扱われるかもしれません。

重い延滞とは、61日以上の延滞、または3回目の支払い日を超える延滞のことをさして言います。

こうなると信用情報機関へも延滞の記録が付くようになります。

やっかいなのが一度事故情報が登録されてしまうと最低5年間は情報が登録されるというところです。延滞が解消したから情報が消えるというわけではありません。

債務整理は一発アウト

債務整理をした場合には一発アウトでブラックです。

債務整理には自己破産、任意整理、特定調停などいろいろありますが、要は借りたお金を契約通りに返済できなくなったから免除してねって手続きを取ったということです。

任意整理や特定調停の場合は、貸金業者からしてみれば元金は返ってくるのでまだマシですが自己破産をやられてしまうと何も返ってこなくなってしまいます。

なので自己破産をするのが貸金業者にとってみれば一番最悪の事態なのです。

そんな債務整理ですが、この情報は7年間登録され続けます。

貸した金を返さない奴に貸したくない。
そう思うのも当たり前なのかもしれません。

だから債務整理をすると7年ほど審査に通らなくなるといわれるのです。

多重申込みは金策のため!?

短期間の間に複数の貸金業者やクレカの申込みをすることで審査に通らなくなる状態を申込みブラックと言ったりします。

実は顧客の基本情報や事故情報だけでなく申込み情報も信用情報に記録されています。
ですので、複数の申込みをしていると貸金業者側も「なぜ複数の会社に申し込む必要があるのか?」と考えるわけです。「きっとお金に困っているに違いない。」「こういう奴にお金を貸したり、カードを発行したら延滞したり、債務整理をされる可能性が高い・・・」「今回は、審査落としておこう」となるわけです。

ただこの申込み情報は申込みをしてから6ヶ月間で消えるようになっています。

再び審査をしてもらいたい人は、6ヶ月経ってから申込みをすれば普通に審査してもらえます。その時には複数の会社に申込みを行わないように気を付けましょう。

税金や公共料金、電話料金の支払い忘れでも
ブラックリストに登録されるの?

税金や公共料金(電話代・ガス代・水道代など)や電話料金(固定電話・携帯電話)の利用料金の延滞でもブラックリストに載るのですか?という質問も寄せられますが、この場合は登録されることはありません

信用情報機関が管理しているのは、あくまでも貸金業者や信販会社、クレジットカード会社との取引に関する情報です。

携帯電話の支払い忘れだとブラックリストに登録されると聞いたことがあるという人もいるかもしれません。しかし、あれは電話の利用料の延滞ではなく、携帯電話本体のローンの延滞が問題となっているのです。
携帯電話代の延滞でもブラックリストに登録される?
携帯代をどれくらい滞納するとブラックリストに登録?

ですので、既に端末代を支払い終わっている人や、一括で購入した人など電話会社から利用料しか請求が来ない人は、たとえ延滞したとしても電話を止められるだけでブラックリストに登録されることはありません。