あなたの信用情報と異動の記録、そしてブラックリストのことがよく分かる!

ブラックリストのデメリットは、ただ一つ

ブラックリストに載ってしまった・・・

そうなると大変なデメリットがあるように考える人もいるので、
このページではブラックリストのデメリットについてまとめていきたいと思います。

  • 戸籍が汚れる、住民票に記載される
  • マンション、アパートを追い出される
  • 会社をクビになる、就職で不利になる
  • 新たにクレジットカードやキャッシング、ローンの申込みをしても審査に通ることがなくなる
  • ご近所さんなど、他人に知られてしまう
  • 結婚できなくなる
  • 子供の進学に影響がある

アレコレと勝手に悩んでしまう人も多いのですが、例をあげた中で実際にブラックリストに載ってしまうことで起こりうるのは『新たにクレジットカードやキャッシング、ローンの申込みをしても審査に通らなくなる』という一点だけなのです。

ブラックリストに載ったとしても、

  • 戸籍は汚れませんし、住民票にも記載されません。
  • すんでいるところを追い出されることもありません。
  • 会社をクビになったり、就職に影響することはありません。
  • そもそも他人に知られることもありません。

これらは全て間違った情報なのです。

ブラックリストに載ることでのデメリットは、一つ。

『しばらくの間、新たにお金を借りることができなくなる』

ということだけです。

具体的には、

  • 持っているクレジットカードが使えなくなる
    (※強制解約ということも)
  • キャッシング・カードローンは返済しかできなくなる
    (※強制解約ということも)
  • 新規でクレジットカード、キャッシング・カードローンの申込みをしても審査に通らない。
  • 車を購入する時のローンも組めない
  • 住宅ローンなんて夢のまた夢

という状況になります。

しばらくの間・・・とは、ブラックリストに載ることになった原因によって、登録される期間が異なるので、一律、あなたは「いついつまで。」ということができないのです。

詳しくは、『ブラックリストに登録される期間について』のページをチェックしてください。

しかもブラックな情報が消えたとしても、『スーパーホワイト(喪明けの悩み)』によって苦しむ人もいるくらいです。

お金を借りることができなくなるというのは、ブラックリストにのることのたった一つのデメリットですけど、とても大きなデメリットでもあるということを知っておいてください。

債務整理を仕事にしている弁護士や司法書士の先生方は、

  • 借金生活から離れられるチャンス
  • 多重債務で苦しんでるのに、まだ借りる気ですか?

みたいなことをホームページで書いてますけど、普通に生活するうえで、キャッシングはともかくクレジットカードも持てない、ローンも組めないというのは、ものすごく不便だと思うんですよね。