あなたの信用情報と異動の記録、そしてブラックリストのことがよく分かる!

ブラックリストと信用情報

ブラックリストというとある種の名簿のようなものを想像しますが、
そのようなものが実際に存在しているわけではありません。
このページでは、ブラックリストがどのようなものなのかを詳しく説明していきます。

キャッシングやカードローンを利用してお金を借りたときやクレジットカードの利用を始めると、必ず信用情報機関と呼ばれるところに個人情報を登録される仕組みになっています。
そして登録された情報は会員である消費者金融やクレジットカード会社などで共有されています。

>>> 信用情報機関について詳しく知りたい方はこちらへ

実は、ブラックリストに載らなくても借り入れや返済の状況などは共有されているのです。

信用情報機関に登録される情報は

  • 本人を特定するための情報
  • 契約内容に関する情報
  • 返済状況に関する情報
  • 申込みに関する情報
  • その他の情報

となどがあげられます。
※これらの情報はブラックリストを説明する上での便宜上、当サイトでは基本情報と呼びます。

基本情報は誰もが登録される情報ですし、言い換えれば「お客さん情報」です。最初は誰もがお客さんなのです。

しかし、そのうち返済が遅れたり、返済ができなくなる人が出てきます。

「貸した金を返すんだ!」 「無理っす!返せません」  ってことで、こんな人にはお金を貸したくない。そうだ!仲間に知らせなきゃ・・・ということで信用情報機関に登録されるのが事故情報。不良顧客のレッテルを貼られるわけです。
  • 返済が遅れた
  • 自己破産をした
  • 任意整理をした

そのような人には問題児のレッテルが貼られます。

それが「取引事実に関する情報」と呼ばれるもので、事故情報とも呼ばれます。

クレジットカード会社やキャッシング会社からしてみれば、お金を返してくれないかもしれない可能性のある問題児と付き合いたくないというのが本音なんです。

だから事故情報がついた人は新規でクレジットカードが発行されなくなったり、今まで使えていたカードが使えなくなったり、新たにお金を借りることもできず返済だけしかできなくなるなどの制限が加えられることになるのです。

信用情報機関への登録を断ったら良いだろ!

情報が共有されないように登録を断っておけば良いじゃん!
そう考える人もいるかもしれませんが、キャッシングやクレジットカード、ローンを申込みする時の契約書の裏面を見てください。

とても小さい字でごちゃごちゃと利用規約が記載されていますが、その中のどこかに信用情報機関への情報登録及び照会にあなたの個人情報を利用しますと言うことが書かれているはずです。で、そのことに了承する人だけが申込みができるのです。

逆を言えば、了承する気がないなら利用できないし、利用は断るよという話なのです。

残念ながら信用情報機関に登録されない術はないのです。

【まとめ】
ブラックリストに載った人というのは、基本情報+事故情報を持っている人のことなんです。

事故情報(異動情報)が自分の信用情報に付け加えられるとクレジットカードやキャッシングを申込みしても審査落ちすることになります。